TOP > サポート > FDISKの使い方(基本パーティションの作成)




FDISKの使い方(基本パーティションの作成)
注意:ここでの説明は、本製品に実装したハードディスクドライブが、まだパーティションの設定を行っていない場合のものです。
   すでにパーティションが設定されている場合で、パーティションを削除する方法は、こちらのページ で説明します。
1.MS-DOSプロンプトの起動

右の画面は、Windows98SEの場合ですが、右のようにWindowsのスタートメニューから[スタート]⇒[プログラム]⇒[MS-DOSプロンプト]を開いてください。
2.FDISKの実行

[MS-DOSプロンプト]を開くと右の画面のように、
 C:\WINDOWS>
と表示されますので、その後ろに「fdisk」と入力し、「Enter」キーを押しててください。
3.FAT32とFAT16の選択

右の画面がFDISKの最初の画面です。
ハードディスクのフォーマットには、FAT16とFAT32という2種類があります。
両者の違いは、FAT32の方が多くのファイル数を管理でき、ファイルサイズの最大容量も大きくなっています。

FAT16でフォーマットする場合は、[N]を、
FAT32でフォーマットする場合は、[Y]を入力し、
「Enter」キーを押してください。
ここでは、FAT32でフォーマットする[Y]を入力した場合で説明します。
4.ハードディスクドライブの変更

次に表示されるのが右の画面です。もし、2項で説明した、C:\WINDOWS>の画面に戻ってしまう場合は、本製品を接続したまま、Windowsを再起動してください。

右の画面で[5]を入力し、「Enter」キーを押してください。

注意:この作業は必ず行ってください。この作業を行わないで、以降の作業を行うと、パソコンに内蔵されているハードディスクを初期化してしまうことになります。
5.ハードディスクドライブの選択

右の画面は、内蔵のハードディスクを2つのパーティション(CドライブとDドライブ)に設定したパソコンに、(28824Mバイトのハードディスクを実装した)本製品を接続した場合の例です。
ディスクの項目には、そのパソコンに接続されているハードディスクが、すべて表示されますので、どれが本製品に実装したハードディスクなのか、その右側に表示される容量(Mバイトで表示されている数字)を確認し、その番号を選択してください。

注意:間違ったハードディスクを選択すると、そのハードディスクを初期化してしまうことになります。

右の画面の場合は、[2]が本製品に実装したドライブですので、[2]を入力し、「Enter」キーを押します。
6.パーティション(領域)の設定

右の画面のように[現在のハードディスク]の右側の数字が、先ほど選んだドライブ番号になっていることをまず確認してください。この例では[2]です。

追加したハードディスクを使用できるようにするには、「パーティション(領域)の設定」−>「フォーマット」という手順で作業を進めます。

右の画面で、[1]を入力し、「Enter」キーを押してください。

7.基本MS-DOS領域の作成−1(パーティション1つの場合)

パーティション(領域)は、1つのハードディスクドライブに対して複数のパーティション(領域)を設定できますので、ハードディスクをどのような構成に分割(パーティション分割)するかを、予め決めておく必要があります。

この解説ページでは、ハードディスクを1つのパーティション(複数のパーティション(領域)に分割しない)に設定する方法からご説明します。
右の画面で、[1]を入力し、「Enter」キーを押してください。

複数パーティションの設定方法は、
こちらのページ で説明します。
8.基本MS-DOS領域の作成−2(パーティション1つの場合)

ドライブのチェックが開始されますので、終わるまで待ちます。
9.基本MS-DOS領域の作成−3(パーティション1つの場合)

本製品に実装したハードディスクを、1つのパーティション(領域)で設定します。
右の画面が表示されましたら、1つだけのパーティションに最大サイズを割り当てますから、[Y]を入力し、「Enter」キーを押してください。
10.基本MS-DOS領域の作成−4(パーティション1つの場合)

再度ドライブのチェックが開始されますので、終わるまで待ちます。
11.基本MS-DOS領域の作成−5(パーティション1つの場合)

ドライブのチェックが終わると、右の画面が表示されます。これで設定完了です。
「Esc」キーを押してください。FDISKの最初の画面に戻ります。
12.設定した領域の確認(パーティション1つの場合)

「FDISKオプション選択」画面(項目6の画面)で、[4]を入力し、「Enter」キーを押すと、右のように設定した領域が表示されます。
本製品に実装したハードディスクドライブが、「D:」ドライブとして設定されたことを示しています。

問題なければ、「Esc」キーを押して、「FDISKオプション選択」画面(項目6の画面)に戻ってください。
問題がある場合は、領域の削除を行った上で、再度、領域の設定を行ってください。
領域の削除の方法については、こちらのページ で解説していますので参考にしてください。
13.FDISKの終了

「FDISKオプション選択」画面で、「Esc」キーを押すと、FDISKは終了します。
FDISK終了前に、「再起動後にフォーマットが必要です」という画面が表示されましたら、さらに「Esc」キーを押して、FDISKを終了させてください。
MS-DOSプロンプトに戻ったら、MS-DOSコマンドウィンドウを閉じ、Windowsの再起動を行ってください。
14.ハードディスクのフォーマット−1

再起動後、マイコンピュータを開きますと、増設したハードディスクが右の画面のように認識されていることを確認してください。(右の画面では、[Dドライブ]が増設したドライブになっています。)
15.ハードディスクのフォーマット−2

増設したドライブの上にマウスカーソルをポイントし、「右クリック」して、メニューウィンドウを開き、「フォーマット」を選択します。
16.ハードディスクのフォーマット−3

「通常のフォーマット(F)」にチェックを入れて、「開始」をクリックします。
17.ハードディスクのフォーマット−4

「フォーマット」が開始されますので、終了するまで待ちます。
18.ハードディスクのフォーマット−5

「フォーマット」が終了しますと、右の画面のように「フォーマット結果」が表示されますので、正常終了したことを確認後、「閉じる」をクリックします。
19.ハードディスクのフォーマット−6

「スキャンディスク」によるディスクのチェック作業のメッセージが出ます。
チェックをする場合は、「OK」をクリックした後、メッセージに従って
作業してください。 以上で終了です。

Copyright(C) ハードディスクケース PC周辺機器の開発販売 novac co,.ltd. All rights reserved.