TOP > サポート > SATA 4台はい〜る Kit Super TurboのFAQ


[NV-HS401U/UB] 

SATA 4台はい〜る Kit Super TurboのFAQ
<障害情報>
■購入前のFAQ

Q.使用できる対応OSを教えてください。

A.Windows Xp SP-3 以降 / Vista および Windows 7に対応しています。
動作環境につきましては、下記の製品案内をご参照ください。
「SATA 4台はい〜るKIT Super Turbo」   こちら

Q.Windows 98SE、または ME でも使用できますか?

A.Windows 98SE / ME には対応しておりません。また、上記OS以外は、サポートの対象外となります。

Q.USB1.1でも使用できますか?

A.USB1.1でも使用可能ですが、転送速度は USB1.1での動作となり、遅くなります。

Q.ドライバのインストールは必要ですか?

A.標準のドライバ(USB大容量記憶装置)で使用可能ですので、特に専用のドライバのインストールは必要ありません。

Q.装着するハードディスクは、1台でも装着できますか?

A.ハードディスクは、1台から装着可能です。 ただし、ハードディスク1台あたりの容量は、 2TBまでになります。

Q.2TB以上のハードディスクを搭載することは可能ですか?

A.2TBを超える容量のハードディスク(3TBまで)に関しては、ご利用可能です。
ただし、ご利用のOS環境および、システム環境ののインタフェースが2TB以上のハードディスクに対応していることが前提となり、 「ディスクの管理」画面にて GPTディスクへの変換が必要となります。

※GPTディスクへ変換した場合、GPTディスクに対応していないOS環境でのご利用はできません。なた、GPTディスクに対応していないアプリケーションでは、ご利用いただけない場合があります。

Q.本製品へのハードディスクの取り付け順序に決まりはありますか?

A.本製品へのハードディスク搭載は、ケースの最上部から順に装着しなければなりません。
例えば、1台だけ装着の場合は、最上段へ取り付けてください。2台装着の時は、上から2段に取り付けてください。

Q.RAIDやJBODを使用することはできますか? 

A.RAID, JBODには対応しておりません。

Q.この製品は、使用しない時の待機電力を消費しますか? 

A.使用時以外でも電源ユニットには内部回路の構成上、微弱ながら電流が流れており、電力を消費します。
節電のため機器を利用していないときには、やはりこまめにコンセントから抜いておく事をお勧めいたします。

■Tips

Windows OSとハードディスクのフォーマットの関係について

本製品は137GBを超える大容量のハードディスクも使用可能です。

○Windows XP/Vista/7の場合

  • FAT16 最大パーティション容量、最大ファイル容量とも4GBです。ただし、2GBを超えるパーティションは、Windows XP/Vista/7以外のOSからは認識できません。
  • FAT32 作成できる最大パーティション容量は32GBですが、Windows 98SE/Meで作成された32GBを超えるFAT32パーティションも利用は可能です。1つのファイル最大容量は、4GBです。
  • NTFS 最大パーティション容量、最大ファイル容量とも事実上、無制限ですが、Windows2000/XP/Vistaでは、OSの制限により、最大1ボリューム 2TBまでとなります。
    ※この形式は、Windows 98SE/Meでは使用できません。
■購入後のFAQ

Q.前面のSATA-1〜4のLEDの順序と、中の基板上のSATA1〜4の順序が逆さなのですが…

A. 前面パネルのSATA-1〜4LED上の番号についてですが、「ディスクの管理」上で認識される順に、LEDの番号を割り当てております。
これは、「ディスクの管理」上で認識される順に搭載した方がわかりやすいためそのような仕様にしており、基板上のポート番号との相違については問題ありません。

Q.マイコンピュータに「HDDはい〜るKIT」に実装したハードディスクのアイコンが表示されません。

A.マイコンピュータのウィンドウに接続したハードディスクのアイコンが表示されない場合には、「ドライブの未初期化」、もしくは「ハードウェアの障害」という2つの大きな原因が考えられます。

「ドライブの未初期化」
新しいハードディスクを搭載し、ハードディスクの認証/初期化を行っていない場合には、アイコンは表示されません。
Windows 98SE/Meをお使いの場合は、「FDISK」を使い、ドライブの初期化を行ってください。
Windows 2000/XPをお使いの場合は、「管理ツール」により、ドライブの認証と初期化を行ってください。

「ハードウェアの障害」
ハードウェアの障害が考えられる場合は、下記のことを確認してください。

  1. [スタート]−>[設定(S)]−>[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. [システム] アイコンをダブルクリックします。
  3. [デバイス マネージャ]タブを(Windows XP/2000の場合は、[ハードウェア]タブをクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンを)クリックします。
  4. [ディスクドライブ]と[ハードディスクコントローラ]の中をご確認ください。

Q.Windows XP / Vista または Windows 7 でパーティションの設定方法がわからない。

A.ドライブの認証ができていないのだと思います。
Windows XPをお使いの場合は、こちら を参照してください。
Windows Vista / 7 をお使いの場合は、こちら を参照してください。

Q.アクセス権がないため、個人用フォルダにアクセスできません。

A.既存のHDDをお使いの場合、必ずデータ抽出が行えることを保証するものではありません。他のアプリケーションによるセキュリティやOS標準以外のHDDツールにより初期化やフォーマットが行われている場合、どうしても読み出すことができない場合もあります。
「セキュリティにより許可されていない」「アクセス権限がありません」というようなエラー表示がされる場合には、セキュリティ設定を変更することによって読み出せる可能性があります。 こちら を参照してください。

Q.USB2.0では認識しますが、USB3.0インタフェースに接続すると認識できない。

A.USB3.0ホストインターフェイスのドライバに「Renesas」製ドライバが適用されている環境において、本製品が認識されない場合があることを確認しています。

その場合は、USB3.0ホストインターフェイスのドライバを「Renesas製」をアンインストールし、「NEC製」に変更することで動作しますので、「NEC製」ドライバへの変更を行っていただくようお願いいたします。

NEC製ドライバをお持ちでない場合は、下記からダウンロードしてご利用ください。
NEC製USB3.0Driver (Ver.1.0.20.0) Download

※上記Ver.1.0.20で動作しない場合は、下記 Ver.1.0.19をお試しください。  NEC製USB3.0Driver (Ver.1.0.19.0) Download

〜注意〜
■Renesas製USB3.0ドライバは必ずアンインストールしてから、NEC製ドライバをインストールしてください。
注意@
Renesas製USB3.0ドライバのアンインストールは必ず行ってください。
Renesas製USB3.0ドライバのアンインストールをせず、上書きでNEC製USB3.0ドライバのインストールを行うと、全てのUSB3.0デバイスが認識されなくなることがあります。

注意A
USB3.0ホストインターフェイスに接続されている機器をすべて取り外した状態で行ってください。

USB3.0ホストインターフェイスのドライバ確認方法。
●「Renesas」製ドライバが適用されている場合
renesas

●「NEC」製ドライバが適用されている場合
nec
■障害情報

動作しない、もしくは注意が必要なハードディスク、USB3.0ホストコントローラについて  

【USB3.0ホストコントローラ】

  • ETron製USB3.0ホストコントローラーを使用した一部の環境では、正常に動作しないことがあります。
    使用中のETron製USB3.0ホストコントローラードライバが0.104より前の場合、 ご利用の各マザーボード、または各パソコンメーカーのページで最新版をダウンロードしてお試しください。 もし最新のドライバが掲載されていない場合は、Etronのページからダウンロードしてください。 
    なお、ご利用のETron製USB3.0ホストコントローラーが、どれなのか弊社ではお答えいたしかねますので、わからない場合は、ご利用の各マザーボード、または各パソコンメーカーへお問い合わせください。

Copyright(C) ハードディスクケース PC周辺機器の開発販売 novac co,.ltd. All rights reserved.