TOP > サポート > Record Mate のFAQ


[NV-RM001] 

Record Mate のFAQ
本製品にはCD-Rなどへの書き込み機能はありません。
音楽CDディスクの作成方法につきましては、参考資料「音楽CD の作成方法について」をご参照ください。
【セットアップガイドの誤記訂正について】
セットアップガイドの表記に一部誤りがありましたので、下記のとおり訂正させていただきます。
裏面 「9-2 Record Mateの操作パネルについて」の項目内
    14.分割方法  誤) マニュアル操作で周波数の低い方へ調整します。
              正) 録音の際の分割方法を指定します。
■購入前のFAQ
Q.パソコンがなくても使用できますか?

A.残念ながらパソコンがなくては使用できません。

Q.使用できる対応OSを教えてください。

A.Windows XP(Home/Pro) / Windows Vista / Windows 7 に対応しています。
その他の環境については動作保証対象外・サポート対象外です。
Windows 7環境でのご利用の場合には、Ver.1.0.1.4以降のソフトウェアをご利用ください。最新版は弊社HPより ダウンロード 可能です。

Q.ACアダプタは、必要ですか?

A.本製品はUSB電源により動作します。
USBハブに接続してご利用になる場合、USBハブが十分な電源容量を供給できない場合も考えられますので、パソコン本体のUSBポートをご利用になるか、ACアダプタ付きのUSBハブをご利用ください。

Q.USB1.1でも使用できますか?

A.USB1.1でも使用可能ですが、USB2.0環境での利用を推奨いたします。

Q.USBケーブル、オーディオ入力ケーブルの長さを教えてください。

A.USBケーブルの長さは、約45cmです。オーディオ入力側のケーブルはRCA端子、ステレオ・ミニジャック共に約18cmです。

Q.録音するファイルは分割出力されますか?

A.分割方法は、「手動」「時間分割」「無音分割」の3通りから選択可能です。分割したくない場合には「手動」を選択し、録音終了まで手動操作による分割を行わなければ1つのファイルとして出力します。
ただし、保存先のHDDの領域が FAT形式の場合は最大 2GBまで、FAT32形式の場合は最大 4GBまでのOS上の制限があります。

Q.WAV形式で録音する場合、制限はありますか?

A.WAV形式での録音の場合、1ファイルあたり 2GB(約3時間)までとなります。

Q.音楽CDを作成するために、CD-Rなどへの書き込み機能はありますか?

A.本製品にはCD-Rなどへの書き込み機能はありません。
音楽CDディスクの作成方法につきましては、参考資料「音楽CD の作成方法について」をご参照ください。

■購入後のFAQ
Q.ソフトウェア画面の右側と下側の表示が切れてしまう。

A.画面のDPI設定によりフォントサイズを通常より大きく設定していると右の図のような表示になってしまいます。

大変申し訳ございませんが、DPI設定によるフォントサイズは、「通常のサイズ/スケール(96DPI)」でご利用ください。



Windows XPの場合

「画面のプロパティ」→「設定」→「詳細設定ボタン」→「全般」と進み、「通常のサイズ(96DPI)」を選択してください。

右図のように「大きなサイズ(120DPI)」を選択すると、右上図のように右側と下側が切れた状態で表示されてしまいます。



Windows Vistaの場合

「コントロールパネル」→「個人設定」→「フォントサイズの調整(DPIスケール)」と進み、「既定のスケール(96DPI)」を選択してください。



Windows 7の場合

「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「ディスプレイ」と進み、「小-100%」を選択してください。

Q.ソフトウェアが急に強制終了してしまいます・・・。

A.バスパワーのUSBハブ等に接続していませんか?考えられる原因はUSBからの電源供給不足です。
パソコン本体のUSBポートに直接接続するか、またはACアダプタにより電源が供給されているUSBハブをご利用ください。
ノートパソコンでのご利用時には、ノートパソコンのACアダプタを必ず使用してください。

Q.Windows XP環境で、予約録音の設定を行った後、スタンバイモードへ移行できないのですが…。

A.予約録音開始時刻の 6分前以内の場合は、スタンバイモードへは移行できません。
マニュアル"9-6 「予約登録」画面について"の項、

※注3.の箇所に記載しておりますが、スタンバイモードから復帰しての録音の場合は、最低でも録音開始前 6分前以前に設定する必要があります

Q.予約録音の設定を行った後、アプリケーションを起動したままスタンバイモードへ移行すると
  予約録音が実行されない。

A.スタンバイモードへ移行し予約録音を行う場合は、Record Mateを終了し、スケジューラーのアイコン()が常駐した状態で、スタンバイモードへ移行してください。

Q.予約録音で午前3時前後を含む予約録音を行った場合、録音が失敗していることがある。

A.他のアプリケーションまたは、Windowsの自動更新などのタスクが影響している可能性があります。
例えば、 Windows XP または Vista環境で、Windowsの自動更新を有効にしている場合、自動更新時刻の初期値は午前3時に設定されています。
録音中にWindowsの自動更新が実行された場合、Windowsの更新内容によっては自動的にWindowsを再起動することがありますので、このような場合に録音に失敗することがあります。
予約録音をされる場合には、他の自動更新タスクの実施時間等にご注意ください。

Q.スタンバイモードから復帰しての予約録音を行った場合、録音終了後の処理「PCの電源を切る」、
  「Record Mateを終了する」などの機能が効かない。

A.以下の手順で、Windowsの設定のスタンバイからの復帰の際、パスワードを求めないように設定してください。
また、予約終了時の処理については、リピート予約を含めすべての予約タスクが終了した時点で、実行されます。
1つでも予約のタスクが残っている場合は、予約終了時の処理は、実行されません。

【Windows XPの場合】

  1. 「コントロールパネル」→「電源オプション」→「詳細設定」と進みます。
  2. 「スタンバイから回復するときにパスワード入力を求める(P)」のチェックを外し、設定を保存します。

【Windows Vistaの場合】

  1. 「コントロールパネル」→「電源オプション」→「お気に入りのプラン」内の現在設定されているプランの項目の「プラン設定の変更」をクリック。
  2. 「詳細な電源設定の変更(C)」をクリックし、「詳細設定」を開きます。
  3. 「詳細設定」の画面の、「現在利用できない設定の変更」をクリック。
  4. 「ユーザーアカウント制御」の警告が表示される場合は、「続行」をクリック。
  5. 「追加の設定」の(+)をクリックし、「復帰時のパスワードを必要とする」を「いいえ」に設定して、「OK」ボタンで設定を保存します。
Q.例えば 10:00〜11:00と 11:00〜12:00のように連続した予約を行った場合、
  2つ目の録音に失敗してしまうことがあるのですが・・・。

A.録音終了時にファイルの書き込みに数秒の時間を要してしまいますので、その間に連続した予約があると、録音に失敗し録音がされないことがあります。
そのような場合は、予約録音の間隔を「10::00〜10:59」「11:00〜11:59」のように、1分空けて設定を行なってお試しください。

Q.録音時に「音が割れる」、「音が歪む」などが発生するのですが・・・

A.元の録音(録音レベル)状態にもよりますが、録音レベルが高い状態で録音された場合、音が歪んだり、割れたりすることがあります。

この場合、Record mateの「波形」、「音量レベルメーター」を確認しながら、オーバーレベルにならないように、「オプション設定」画面にて、「録音音量」のレベルを下げて録音を行ってください。(右図参考)

また、Windows 側の「ボリュームコントロール」の再生音量において、「メインのボリューム」、「WAVE」、「フロントスピーカー」などの音量を高く調整されていますと、同様に音が割れたり、歪んだように聞こえる場合があります。

※Windows Vista環境での「録音音量」について

Windows Vista の場合は、Windowsの「コントロールパネル」内にある、「サウンド」をダブルクリックして開き、「録音」のタブ内に表示される「マイク USB PnP Audio Devaice」を選択して、「プロパティ」ボタンをクリックし、「マイクのプロパティ」を開きます。

「レベル」のタブを選択して、マイクの音量調整を行ってください。

【録音音量調整が高すぎる悪い例】

【正しい録音音量調整が行われている例】

Q.録音した wavファイル、mp3ファイル、wmaファイルなどを手持ちのライティングソフトでCD-Rに
  書き込んだのですが、家庭用のオーディオ機器で再生ができません。

A.録音したファイル(.wav, .mp3, wma)をそのままの形式で CD-Rに書き込んだ場合は、家庭用のオーディオ機器がそれらの形式に対応していないと、再生することはできません。
よって、ご利用のライティングソフトにて「音楽CD作成モード」から、録音したファイル(.wav, .mp3, wma)が音楽CD用のファイル形式であるCDDA形式になるようにし、書き込みを行うようにしてください。

なお、ライティングソフトの取り扱いについては、ご利用のソフトのマニュアルを参照ください。

Q.メーカー製のパソコンを使用しており、CD/DVDの書き込みドライブが搭載されているのですが、
  音楽CDを作成するソフトがどれだかわかりません。

A.弊社ではお答え致しかねる内容です。
ご利用のパソコンメーカー様へお問い合わせください。

Q.音楽CDを作成したいのですが、書き込みソフト(CD/DVDライティングソフト)の使い方が判らないので
  教えてください。

A.ご利用の書き込みソフト(CD/DVDライティングソフト)の取り扱いなどについてのサポートは、弊社ではありません。ご利用のソフトのメーカー様、もしくはパソコンのメーカー様でのサポートになりますので、そちらへお問い合わせください。

Q.Record Mateを起動すると、「問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。…」と表示
  され、ソフトが起動しない(Windows Vista/7)。

A. 以下の点をご確認ください。

  1. .「コントロールパネル」>「サウンド」と進み、「録音」のタブ内で、右図の様に「Radio Receiver USB Audio Device」または「無線受信器」が、「既定のデバイス」となっているか確認してください。

    ※ Windows Vista/7環境では、新規に接続されたサウンドデバイスは無効なデバイスとして「サウンド」の一覧に表示されない設定になっている場合があります。その場合は、各デバイス名が表示されている枠内で「右クリック」し、プルダウンメニューより「無効なデバイスの表示」をクリックしてください。


  2. パソコン本体に搭載されているサウンドデバイスのドライバが、インストールされていない。
    特に HD Audio デバイスを使用したパソコンの場合、Windows Vista / 7をインストールした時点では、ベースとなるOS標準のドライバしかインストールされていませんので、必ずサウンドデバイスのメーカー、または、パソコンメーカーから供給されるサウンドドライバをインストールしてください。

Copyright(C) ハードディスクケース PC周辺機器の開発販売 novac co,.ltd. All rights reserved.