TOP > サポート > ドライバ・Radio Mate

Radio mate ソフトウェア [NV-UR001]
 
Radio mate     (Windows XP / Vista / 7)
ダウンロードファイル名 バージョン サイズ 登録日
USBRadioMate1086.exe 1.0.8.6 1.38MB 2009/09/17
Exeファイルをダウンロードし、インストール実行中にエラーが発生する場合には、
こちらの「Zip形式圧縮ファイル」をダウンロードし、解凍してご利用ください。

【更新履歴】
9/17)
・ 日曜AM0:00に予約設定をした場合、月曜AM0:00に誤ってソフトが起動してしまう問題を修正(1.0.8.6)
・ 「オプション設定」内で、「地域」の選択を設け、主要地域の場合、自動的に「プリセットキー」画面に、
  放送局を登録するようになりました。
  注) 主要地域外、または 地域ごとのミニFM放送局等を受信したい場合は、「地域」の項目で、
  「ユーザー」を選択し、「プリセットキー」設定画面にて、すべての放送局を登録してください。
(1.0.8.6)
・ 予約設定画面一覧に、「放送局名」を追加(1.0.8.6)
・ 録音時、「録音保存先」フォルダ内に、放送局ごとにフォルダを自動作成し、放送局ごとに録音したファイル
  のフォルダ分けがされるようになりました。(1.0.8.6)
・ Windows 7で動作することを確認(1.0.8.6)

 バージョン1.0.8.6用 マニュアル第4版 を用意しました。
 
3/9)
・ WMA形式で録音しt場合、メモリーリークを起こす問題を改善(1.0.6.2)

2/13) (問題が確認されたため、掲載を中止)
・ WAVファイルで2GB以上のファイルが作成された場合、再生ができない問題を回避し、1.8GB単位での
分割ファイルで作成されるようにした。
・ 作成されたWMAファイルを「名付けて保存」を行った場合、拡張子が変更されてしまう問題を改善(1.0.6.1)

12/24)
・ 「予約録音終了時の処理」の設定を「パソコンの電源を切る」に設定し、次の予約録音開始までの間隔が
10分以上ある場合 に、1つの録音終了ごとプログラムを閉じ、タスクトレイにスケジューラーを常駐する
よう にした。 
これによりWindowsの電源管理にて、スタンバイ(スリープ)モードへの移行時間を設定することで、
Windowsがスタンバイモードへ移行しても、スタンバイから復帰して録音ができるようになりました。
ただし、予約録音の間隔が10分以内の場合は、スタンバイモードへは移行しません。(1.0.5.8)


12/12)
・ WMAファイルが正常に作成されなかった問題を改善(1.0.5.6)
・ 予約開始時刻を毎時00分と設定した場合、予約録音が実行されない問題を改善(1.0.5.6)
・ 予約録音時の設定で、”メモ”の項目を廃止し、“放送局_年・月・日_開始時間” の後に、“タイトル名”
を追加し、ファイル名に表示されるようにした。(1.0.5.6)
※詳細については、マニュアル第3版を参照ください。

※ 予約録音終了時の処理の動作について 
Windows側の設定で、スリープモードからの復帰(回復)時、パスワードを必要としないようにする
必要があります。
詳しくは、こちらのFAQを参照ください。

12/4)
・ リピート予約をスタンバイモードからの復帰での録音に対応(1.0.5.2)

11/27)
・ 環境によって、プログラムが異常終了してしまう問題を改善(1.0.5.0)
・ 設定画面に録音時の音量レベルの調整機能を追加(※)(1.0.5.0)
・ 予約タスクスケジューラーを追加し、Radio Mateソフトの画面を閉じても予約タスクスケジューラー
を常駐させ、予約録音が可能とした(1.0.5.0)
・ スタンバイモードからの復帰での予約録音機能を追加(※)(1.0.5.0)
  (注;ただし、リピート予約の場合は、スタンバイからの復帰はできません。)
・ 予約録音終了時の処理方法を追加(※)(1.0.5.0)

11/04)
・ 録音の保存先の指定を設定しても、ソフトを再起動すると元に戻ってしまう問題を修正。(1.0.3.6)
・ 予約の際の年越しの予約ができない問題を修正(1.0.3.6)
・ 録音ファイルのファイル名を ”放送局_年・月・日_開始時間” に変更(1.0.3.6)

10/14)
・ 環境によって録音時にライブ音声が無音になる問題を修正。(1.0.1.0)
・ 同一チャンネルの予約録音時に音声が正常に録音ができない問題を修正。(1.0.1.0)
・ 録音時間の表示が1秒短くなる場合がある問題を修正。(1.0.1.0)
・ チャンネルのスキャン時にスキャンしている周波数を表示できるようにしました。(1.0.1.0)

・ 製品に添付のCD-ROMと同じバージョンです。 (1.0.0.2)

※ ソフトウェア画面の右側/下側が切れてしまうのはWindowsの画面設定により解消されます。詳細は、こちら。

Mac版 Radio mate     (OSX 10.4 / 10.5 / 10.6)
ダウンロードファイル名 バージョン サイズ 登録日
UR001-Mac_beta.zip 0.9.0.0 2.44MB 2010/04/01
UR001-Mac_beta_manual.pdf β1 0.68MB 2010/03/30
ダウンロードしたファイルをデスクトップ等に保存た上で、解凍してご利用ください。
圧縮ファイル内にドライブイメージ形式のインストールプログラムとMac用セットアップガイド(PDFファイル)が収められています。

【対応機種・OS】
 ・対応機種:USB2.0標準搭載のMacintosh(Intel CPU)
  (PowerPC Macでは起動時/起動中に動作エラーが発生する場合があるとの報告を受けています)
 ・対応OS:OSX 10.4 / 10.5 / 10.6

【Windows版との主な違いについて】
 ・録音ファイル形式は、AACとWAVの2形式のみです。
 ・スリープから復帰しての予約録音機能はありません。
 ・録音したファイルの再生機能はありません(iTunesをご利用ください)。
 ・タイムシフト時間は2分間の時間固定です。

【更新履歴】
 04/01
・ β版リリース (0.9.0.0)

 [ サポートTop ]
 
 
Copyright(C) ハードディスクケース PC周辺機器の開発販売 novac co,.ltd. All rights reserved.