TOP > サポート > Media Gate「オンラインマニュアル」設定について 第2版

参考資料 Media Gate「オンラインマニュアル」 [NV-MG130]
この参考資料は弊社「メディアゲート(NV-MG130)」をお使いいただく上で、操作方法・設置方法等を簡単に説明した第2版用ガイド資料です。第2版用マニュアルと共にお読みいただければ幸いです。
メニュー
1.「設置・接続について」
2.「操作について」
3.「設定について」
  3−1.「設定項目の選択」
  3−2.設定項目「システム」
  3−3.設定項目「映像」
  3−4.設定項目「オーディオ」
  3−5.設定項目「写真」
  3−6.設定項目「ネットワーク」
4.「その他」
3.「設定について」
 3−1.「設定項目の選択」
まず設定したい項目を「上下カーソル」ボタンで選択し[OK]ボタンで決定してください。

 1)システム:メニュー言語や基本的な動作の設定を行います。
 2)映像:映像出力や動画再生に関する設定を行います。
 3)オーディオ:音声出力に関する設定を行います。
 4)写真:写真(静止画)再生時に関する設定を行います。
 5)ネットワーク:ネットワーク接続に関する設定を行います。


 3−2.設定項目「システム」

 「メニュー言語」
表示されている各種メニューの表示言語を選択します。「日本語」を選択すると日本語で、例えば「English」を選択すると英語でメニュー項目や選択肢が表示されるようになります。

 「テキストコード」
字幕ファイル等で使用するコード体系を選択します。通常は「日本語」を選択してください。「日本語」を選択しても字幕が正常に表示されない場合には「Unicode(UTF8)」を選択してみてください。

 「スクリーンセーバー」
5分間、何の操作も動画や静止画ファイルの再生もしなかった場合に、スクリーンセーバー機能を動作させることができます。スクリーンセーバー機能を動作させるには「オン」を選択してください。


 「DVD自動再生」
USB接続した外部DVDドライブにDVDメディアをセットしたら自動的に再生を開始させる場合には「オン」に設定してください。「オフ」の場合にはDVDメディアをセットしても自動再生は行いません。

 「システム更新」
システムを更新する際に選択します。USBで接続するメモリーやハードディスク/SDカードの中に格納されているシステム更新用の専用ファイルを使いシステム更新を行います。更新手順については、「4−3.システム更新の手順」の方に記載してあります。
システム更新用の専用ファイルは、弊社のホームページからダウンロードしていただくよう、必要に応じて準備いたします。  ・ノバックサポートページURL http://www.novac.co.jp/support/

 「初期設定に戻す」
現在設定されている各内容を工場出荷時の初期設定状態に戻します。

 3−3.設定項目「映像」

 「ファイルのプレビュー」
ファイル選択時にファイルの内容を表示再生するかどうかを選択します。プレビュー表示を行う場合には「オン」に設定してください。

 「レジューム再生」
ファイル再生を途中で止めた時、その場所を記憶し、次回再生時に続きの場所から再生を行うかどうかの選択が可能になります。「オフ」に設定すると毎回ファイルの先頭から再生します。レジューム再生を行う場合には「オン」に設定してください。


 「Seamless Playback(シームレス再生)」
ビデオファイルが複数に分割されているタイトルにおいて、ファイル切替時も極力スムーズに表示させる場合には「オン」に設定してください。

 「縦横比」
画面の縦横比に関する選択をします。
 ・「16:9」ワイドTVでご覧になる場合に選択してください。
 ・「パンスキャン 4:3」左右を切り捨てて中央部分のみを4:3で表示します。
 ・「レターボックス4:3」左右を切り捨てず上下に黒帯をつけて4:3で表示します。

 「明るさ」
画面の明るさを0-50の間で調整します。

 「コントラスト」
画面のコントラストを0-50の間で調整します。

 「テレビ解像度」
接続されているテレビの解像度を選択します。いろいろな選択肢を用意してありますが、4:3のテレビにAVケーブルで接続している場合には「NTSC」を選択してください。16:9のワイドテレビにHDMIケーブルで接続している場合には「HDMI自動」を選択してください。その他の項目を設定しても正しく表示されない場合もありますのでご注意ください。

 「1080P 24Hz」
接続しているTVにおいてブルーレイ・コンテンツ用の「1080P 24Hz」がサポートされている場合、「オン」にするとHDMI出力が1080P 24Hzになります。

 3−4.設定項目「オーディオ」

 「夜間モード」
「オン」にすると極端に音量があがることを防止し、夜間に突然大音量になることを防ぎます。「自動調整」にすると音量の極端な上下動が抑制されますがメリハリに欠ける場合があります。

 「デジタル出力」
HDMI/SPDIF(光デジタル)の音声信号の出力先と出力形式を選択します。HDMI/SPDIF接続で音声が出力されない場合には出力形式を変更してみてください。AVケーブルで接続している場合にはこの設定は関係ありません。


 3−5.設定項目「写真」

 「スライド表示時間」
写真を次々に自動再生する「スライドショー再生」機能についての設定です。「オフ」を選択した場合には「スライドショー再生」を行いません。「スライドショー再生」を行う場合は、各写真(静止画)1枚あたりの表示時間を選択してください。

 「切り換え効果」
「スライドショー再生」を行う際の各写真(静止画)間の表示切り換え(トランジッション)効果の選択を行います。「全効果を使用」を選択すると用意されている切り換え効果がランダムに使用されます。「オフ」にするとただ画面が入れ替わります。一定の切り換え効果だけを使用したい場合には、その効果を選択してください。



 「BGM」
「スライドショー再生」を行う際のBGM(バックグラウンドミュージック)の指定を行います。
「フォルダ」を選択すると写真(静止画)が格納されているフォルダ内の音楽ファイルを順次演奏します。写真とは別のフォルダを指定することはできません。「オフ」を選択するとBGM再生は行われません。

 3−6.設定項目「ネットワーク」

 「LAN設定」
LAN(ネットワーク)に関する設定を行います。
LAN(ネットワーク)に接続しない場合には設定する必要はありません。

 「無線LAN設定(サポート対象外)」
本バージョンには無線LAN設定の項目が追加されておりますが、使用可能な無線LAN機器が用意されていないため、使用不可(サポート対象外)とさせていただきます。市販されている他社のUSB接続の無線LAN機器を接続しても使用できません。予めご了承ください。



[DHCP IP(自動)]:ブロードバンドルーター等によりIPアドレスを自動で設定できる場合に選択してください。DHCPサーバーよりIPアドレスを自動取得します。「DHCP IP(自動)」を選択した場合にはデフォルトゲートウェイのIPアドレス入力が必要になります。通常は、PCで設定されているデフォルトゲートウェイのIPアドレス値を入力します。

[FIX IP(手動)]:本製品を接続するネットワークにおいてIPアドレスを固定(手動による入力)している場合に選択し、必要なIPアドレス等を入力してください。入力する値はPCのIPアドレス値を参考にしてください。適当な値を入力しても動作するものではありません。


 a)[DHCP IP(自動)]の設定
デフォルトゲートウェイのIPアドレス入力が必要になります。通常は、PCで設定されているデフォルトゲートウェイのIPアドレス値を入力してください。
数値の入力はリモコンの0〜9ボタンにて行います。

デフォルトゲートウェイの値を入力後、[OK]ボタンを押すか、最後の4桁目の位置を入力するか、[上カーソル]ボタンで「実行」を選択し[OK]ボタンを押してください。設定確認画面に移ります。


 b)[FIX IP(手動)]の設定
本製品を接続するネットワークにおいてIPアドレスを固定(手動による入力)している場合に選択します。下記の値を入力してください。
数値の入力はリモコンの0〜9ボタンにて行います。
・IPアドレス(本機のIPアドレス)
・サブネットマスク(アドレスのマスク値)
・デフォルト・ゲートウェイ(上位ネットワーク装置のアドレス)
・DNSサーバーIPアドレス(DNSサーバーのIPアドレス)
通常は、PCで設定されている各値を参考にして入力してください。適当な値を入力しても動作するものではありません。

すべての値を入力後、[OK]ボタンを押すか、DNSサーバーIPアドレスの最後の4桁目の位置を入力すると、設定確認画面に移ります。



 c)設定の確認
設定を保存するかどうかの確認画面です。設定を変更した場合には、必ず「確認」を選択し[OK]ボタンを押してください。

ネットワークに関する設定を変更すると有効になるまで数秒〜数分必要になる場合があります。

Copyright(c) by NOVAC. All rights reserved.
※製品名や会社名は各社の商標ならびに登録商標です。