TOP > ニュースリリース 2006 どこでもTV for Skype
2006年 7月 7日
株式会社ノバック
Skypeがテレビになる
世界中どこからでも日本のテレビ放送をSkypeで観られる
「どこでもTV for Skype」を発売

 パソコン周辺機器・デジタルAV機器の企画開発・販売を行っている、株式会社ノバック(本社:東京都文京区、代表取締役:中島洋一)は、スカイプ・テクノロジー S.A(以下、Skype社)がインターネット上で提供しているコミュニケーション・ソフトウェア「Skype」のビデオ通話機能と組み合わせて、世界中どこからでも、自宅のテレビ放送を視聴できる「どこでもTV for Skype」を発売します。
 「どこでもTV for Skype」の本体は、パソコンに接続する、外付けのUSBテレビチューナ・ユニット。本製品を設置したパソコンのSkypeアカウントを外出先のSkypeから呼び出すだけで、テレビが視聴できます。もちろん、外出先のSkypeからチャンネル切り替えもできます。
 本製品は、7月14日より、全国の家電量販店やパソコンショップ、オンラインストアで販売します。

 「どこでもTV for Skype」は、Skypeの高品質なビデオ通話と高い通信の安全性、容易で親しみやすいユーザーインターフェースなどを背景に、インターネットを通じてのテレビ視聴を実現しました。Skypeユーザーの利用シーンを広げるとともに、世界中どこにいても、本製品を設置した地域のテレビ放送を視聴できる楽しみを提案します。

■製品の概要■
製品名 「どこでもTV for Skype」
型番 NV-LF2000
JAN 49-95589-24101-1
標準小売価格 9,800円(税込)

■本製品の設置と視聴までの概要■
 本製品の設置と視聴までは、わずかに3ステップ。専門的なネットワーク設定などの知識は不要で、パソコン初心者の方にも簡単にお使いいただけます。ステップ1:本体にTVアンテナを接続。ステップ2:Skypeが使える自宅などのパソコンに本体を接続。ステップ3:外出先のパソコンのSkypeから、本製品を設置したパソコンのSkypeアカウントに通話発信。そうすると、自動的にSkypeが応答してTVを視聴できます。(本製品を設置したパソコンとテレビを視聴するパソコンは、異なるSkypeアカウントを使用します。)

 チャンネルを変えるときは、Skypeのチャット機能を使用します。ビデオ通話が始まると同時に、チャットウィンドーがポップアップしますので、12チャンネルを視聴したい場合は、「##12#」と入力します。

■本製品の特徴■
●世界中どこからでもSkypeのビデオ通話機能を用いてテレビを視聴できます。
本製品に接続するテレビアンテナ(CATVも可)で視聴できるテレビ番組が視聴対象となります。視聴中であっても、他のSkypeユーザーと、ビデオ通話以外のチャットやファイル転送などができます。
●チャンネルの切り替えもできます。
テレビを視聴している外出先のSkypeから、チャット機能でチャンネル切り替えができます。
●ネットワークの難しい設定は一切不要です。
最新版Skype 2.5またはSkype2.0以降が使用できれば、ネットワークの知識も設定なども不要です。
●安心の視聴制限
本製品を設置したパソコンのSkypeアカウントに接続可能なユーザーは、Skypeのプライバシー設定によって、特定、制限できます。実際のビデオ通話(テレビの視聴)では、1:1となり、本製品を設置したパソコンのSkypeは、他のSkypeアカウントからの通話着信を自動的に受けません。
●姉妹品「どこでもアクセス for Skype」を使うとSkypeのインストールなしで視聴できます。
姉妹品の「どこでもアクセス for Skype(VP-901U)」は、Skypeを搭載しているUSBメモリタイプのSkypeフォン。Skypeをインストールしていないホテルやネットカフェなどのパソコンからでも、本製品を設置したパソコンのSkypeアカウントにコンタクトして、テレビを視聴できます。

※本製品を設置したパソコンの電源がOFFのときやスタンバイモードなど、Skypeが自動応答できない場合は、Skypeからのテレビ視聴ができません。
※本製品には、テレビアンテナの同軸ケーブルのみが接続できます。ビデオ入力はできません。
※本製品は、本体を設置したパソコンで一時的にでも録画をすることなく、リアルタイムで放送を視聴しますが、実際の放送より、多少の遅れが生じます。
※Skypeによって、映像や音声、テキストとも全てのデータは高度な暗号化がされて送受信します。
※本製品でテレビを視聴する場合、個人として、放送される番組を楽しむなどのほかは、公衆に対して視聴させるなど、著作権法上、権利者に無断で使用できません。

■仕様・製品構成■
製品名 「どこでもTV for Skype」
型番 NV-LF2000
JAN 49-95589-24101-1
標準小売価格 9,800円(税込)
インターフェース USB 2.0 タイプA端子、専用アンテナ端子
電源 USB2.0ポートより給電(450mA以上必須)
信号方式 NTSCとPAL方式に対応(SECAMには対応していません)
サイズ(本体) 95mmx26mmx12mm / 約30g
製品構成 NV-LF2000本体、アンテナケーブル、アンテナアダプタ、USB延長ケーブル、
インストールCD、保証書、ユーザー登録案内、セットアップガイド

■動作環境/本製品を設置するパソコン■
対応OS Windows XP(Home/Pro)SP2以降/MCE2005
CPU 動作クロック1.8GHz以上
メモリサイズ 128MB以上(256MB以上を推奨)
インターフェース USB2.0タイプA端子を持つパソコン ※450mA以上の電流が供給できること
HDD空き容量 10MB以上の空き容量があること
VGA 8MB以上のVRAMがあること
その他 ・ビデオ通話対応の最新版Skype2.5またはSkype2.0以降がインストール
 されていることが必須です。
・スムーズな映像品質でSkypeのビデオ通話ができるブロードバンド環境で
 ご使用ください。
・他の「テレビキャプチャ、ビデオキャプチャ製品」と同時に使用することは
 できません。
・他の「USB Audio Device」あるいは「USBキャプチャ機器」と同時に
 使用することはできません。
・本体を海外のパソコンに設置することもできますが、日本国内での
 設置のみが保証対象となります。

■動作環境/テレビを視聴するパソコン■
対応OS Windows XP(Home/Pro)/MCE2005
CPU 動作クロック400MHz以上(1GHzを推奨)
メモリサイズ 128MB以上(256MB以上を推奨)
その他 ・ビデオ通話対応の最新版Skype2.5またはSkype2.0以降がインストール
 されていることが必須です。
・スムーズな映像品質でSkypeのビデオ通話ができるブロードバンド環境で
 ご使用ください。
・スピーカーまたはヘッドホンが必須です。

【Skypeとは】
 Skype社は、世界で急速に普及している無料コミュニケーション・ソフトウェアをインターネット上で提供しています。インターネットを使えるところなら世界中どこからでもSkype同士なら無料で音声やビデオ通話を可能とし、言語も27ヶ国語に対応しています。Skype社のビジネスモデルは、ボイスメール機能、一般電話そして携帯電話との通話ができるSkypeOutとSkypeIn機能、転送機能、そして着メロやアバターなどを有料で提供することにあります。Skype社は米国イーベイ社のグループ企業のひとつで、日本をはじめ世界各国のソフトウェア及びハードウェアメーカーとのビジネスネットワークを拡大しています。詳細はwww.skype.co.jp をご参照ください。
注記:Skypeは通常の電話ではないので、緊急時の消防や警察などへの連絡には使用できません。

※Skypeは、Skype Technologies S.A.の商標です。[http://www.skype.com/]
※各社の社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※製品の外観・仕様などは、改良のため、予告なく変更される場合があります。
※製品に関する詳細情報は、下記をご参照ください。
●「どこでもTV for Skype」
  http://www.novac.co.jp/products/hardware/vp-skype/nv-lf2000/index.html


- 2006年 -

Copyright (c) 2006 novac. All rights reserved.