TOP > サポート > Skype VP-820U/820のFAQ


[VP-820U/VP-820] 

NEXTPHONE Homephone Adapter(VP-820U/820)のFAQ
Skypeについては、 こちら を参照してください。
■購入前のFAQ
Q.NEXTPHONE Homephone Adapter(VP-820U/820)ってどんな製品ですか?
A.家庭用の電話機がSkype用の電話機になる製品です。パソコンとは、USBインタフェースで接続します。
  もちろん、通常の電話も今まで通り使えます(ダイヤルの最初に#を押す必要があります)。
Q.NEXTPHONE Homephone Adapter(VP-820U/820)を使うと何がいいのですか?
A.Skypeはマイクとスピーカー(イヤホン)があれば使うことができます。本製品が絶対に必要という訳ではありません。
  ただ、本製品を使うと、Skypeの使い方が広がります。
  1.家庭用の電話機がコードレスの場合、Skypeの電話もコードレスで通話ができます。
    従って、常時パソコンの前にいなくてもSkypeの通話が楽しめます。
  2.イヤホンですと、Skypeの着信音が聞こえません(イヤホンを常時耳に当てていないといけません)。その不便さを解消できます。
  3.通常のスピーカとマイクですと、スピーカの音がマイクに入ってしまい、ハウリングが起きてしまいます。
    本製品は、通常の電話機の送受話器を使いますので、そのような心配がありません。
  4.99ヶ所の短縮ダイヤルを設定できます。また、その内20ヵ所は、ダイヤルをする前に、その短縮ダイヤル相手が確認できる
    ボイスメッセージの機能が使えます。
Q.すでにIP電話を使っているのですが、VP-820U/820でSkypeもできるようになりますか?
A.本製品で使える電話機、電話回線は下記のようになります。
  使用できる電話機はアナログプッシュ回線で電話がかけられる電話機です。
  使用できる電話回線は、前述の電話機が使える一般のアナログ電話回線、BBフォン・DION・ぷららなどのIP電話回線です。
Q.どのように接続すればいいのですか?
A.IP電話をお使いで、MODEMを使っている場合には、
  右のような接続になります。


  モデムと電話機の間に本製品を接続してください。⇒
  スプリッタを使っている場合は、右のような接続になります。


  スプリッタと電話機の間に本製品を接続してください。⇒

Q.通話中にSkypeの電話がかかってきたときどうなりますか?またその逆は?
A.通常の電話中にSkypeの電話がかかってきた時、自動的にSkypeの電話をしてきた相手に、「取り込み中」のメッセージが表示されます。
  逆にSkypeの通話中に通常の電話がかかってきた場合、電話をかけてきた相手は、話中にならず呼び出し中になります。
  また、キャッチホンの機能も使えません。
Q.動作環境を教えてください。
A.対応OSは、Windows 2000Pro/XPです。パソコンのUSB2.0あるいは、USB1.1の端子に接続して使用します。
  電源は、USBのバスパワーで動作しますので、ACアダプタなど不要です。
Q.SkypeのソフトはMacに対応していますが、この製品は対応していないのですか?
A.本製品をMacで使うことはできません。
Q.大きさと重さを教えてください。
A.幅90 x 長さ113 x 高さ21mm、約100gです。
Q.短縮ダイヤルはいくつまで登録できるのですか?
A.Skypeの機能として、短縮ダイヤルは99個まで設定できます。本製品から「40#」というように最後に#をつけることで、短縮ダイヤルが可能です。
  本製品は、独自にボイスメッセージの機能を持っています。これは、短縮ダイヤルの1から20までで使える機能です。
  あらかじめ登録しておくことで、1から20の短縮ダイヤルに電話する前に、その短縮ダイヤルが誰の電話番号なのかボイスメッセージで確認できます。
■購入後のFAQ
Q.本製品を使ってSkypeができません。
A.以下のことを確認してください。

  本製品のPower LEDが点灯していますか?
  点灯していない場合は、USBケーブルが正常に接続されていないあるいはパソコンのUSBポートが壊れている可能性があります。
  USBの接続を確認してください。

  VoIPのLEDが点灯していますか?
  点灯していない場合、
  1)VP-820U/820のアプリケーションが常駐されていない可能性があります。付属のCDでインストールしてできた、
    デスクトップ上の本製品のアイコンをダブルクリックしてアプリケーションを起動させてください。
  2)VP-820U/820に接続している電話機が通話状態になっているか確認してください。
  3)タスクトレイにある本製品のアイコンをクリックして表示される本製品のソフトの「終了」ボタンをクリックし、一度アプリケーションを
    閉じてください。そして、再度、ディスクトップ上にある本製品のアイコンをダブルクリックし、再起動してください。
Q.通常の電話機として使えません。
A.LEDが点灯していると、Skype用の電話機。消灯していると、通常の電話機として使えます。
  LEDを消灯させるには、受話器の「#」ボタンを押してください。これで通常の電話機として使えます。
Q.Skypeとの連携がうまくいきません。
A.本製品にはSkypeと連携を行うためのソフトウェアが付属しています。
  この連携ソフトウェアをインストールする際に、ウィルス侵入防止ソフトウェアを一時的に停止させてからインストールしていただけますよう
  お願いいたします。ウィルス侵入防止ソフトウェアが起動している状態でインストールを行うと、Skype連携ソフトウェアをウィルス・プログラムと
  判断して、正常にインストールできず、以下のような症状になる場合があります。
   ・デスクトップやプログラムメニュー内にアイコンやショートカットが作成されない。
   ・再起動するとインストールしたはずの連携ソフトウェアが消えてしまう。
   ・Skypeの連携ソフトウェアの一覧に何も表示されない。

  また、お使いのSkypeの状況により、連携ソフトウェアのインストールの最後にSkypeとの連携を設定する画面が表示されない場合があります。
  このような場合には、インストール終了後下記のSkypeの操作により連携を行うことができます。
   操作例:(Skype Ver.3.2以降)
   1)Skypeの「ツール」→「設定」と選択する。
   2)左側縦のメニュー項目「詳細」の中の「アップデート」を選択する。
   3)「詳細/アップデート」画面の一番下から「Skype API へのアクセスコントロール」を選択する。
   4)連携するソフトウェア一覧のウィンドウの中からインストールしたソフトウェアを選択し「連携を許可」にしてください。
   5)他の複数の連携するソフトウェアが表示された場合には、今回インストールしたソフトウェア以外はすべて「連携を拒否」にしてください。
     ※他の連携するソフトウェアの存在は誤動作の原因になりますので、アンインストールをお願いいたします。
Q.パソコンのサウンドが、聞こえなくなってしまいました。
A.「コントロールパネル」(クラシック表示に切り替えてください)⇒「サウンドとオーディオデバイス」で、「サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」
  の画面が表示されます。この画面で、「オーディオ」のタブをクリックしてください。それで表示される画面が左下になります。
  左下のように、「USBオーディオデバイス」になっているいる場合、右下のようにパソコンに内蔵されているサウンドデバイスを選択してください。
  (注意:右下のデバイス名は、お使いのパソコンによって異なります)
 
  次にSkypeの画面から「ツール」⇒「設定」を選択し、表示された画面で「オーディオデバイス」の画面を開いてください。
  左下のように「Windowsの標準デバイス」になっている場合、右下のように「USBオーディオ」を選択してください。
  この設定により、パソコンのサウンドはパソコンに接続されるスピーカ/マイクで使え、Skypeの通話だけを本製品で使えるようになります。
 
Q.SkypeOutする時、どのようにすればいいのですか?また、短縮ダイヤルは?
A.SkypeOutの方法:
  本製品に接続している電話機の受話器を取り、国番号、電話番号を入力し、最後に#を押しててください。
  例えば、03-3817-8711にSkypeOutする場合は、「81338178711#」になります。
  「81」は、日本の国番号です。「03」の0は省略します。電話番号を入れ、最後に「#」です。

  短縮ダイヤルは、あらかじめSkypeの画面で短縮ダイヤルを設定しておいてください。短縮ダイヤルの設定は こちら を参照してください。
  SkypeOutと同じように、受話器から短縮ダイヤルの番号を入れ、#を押してください。
  例えば、「20#」と入力すると、20番の短縮ダイヤルの相手に電話をかけます。
Q.通常の電話とSkypeの電話の区別はできないですか?
A.着信音をパソコンのスピーカから再生することで、区別できます。
  (電話機から流れる着信音は同じです)
  Skypeの画面から「ツール」⇒「設定」を選択し、表示された画面で
  「オーディオデバイス」の画面を開いてください。
  右のように呼び出し音を「Windowsの標準デバイス」に設定し、
  「着信音をパソコンのスピーカから再生する」にチェックを付けてください。
  これで、Skypeの着信があったとき、パソコンのスピーカと受話器の
  両方から着信音が流れます。
  (通常の電話の場合は、受話器からだけ着信音が流れます)

  パソコンの着信音を変更することもできます。Skypeの画面から「ツール」⇒「設定」を選択し、表示された画面で「着信音」を選択してください。
  下の画面が表示されます。「誰かから着信したときに再生」の  をクリックしてWaveファイルを選択してください。
  これで、Skypeの着信時、パソコンのスピーカからは、ここで指定したWaveファイルが流れます。
  
Q.上の設定をしたら、受話器を持ち上げたとき、パソコンスピーカからワーという発信音が
  聞こえるようになりました。何とかなるでしょうか?
A.これは仕様なのですが、音を消すことはできます。本製品のアプリケーションが
  入っているフォルダから、tone.wavファイルを削除するかその名前を変更して
  ください。
  本製品のアプリケーションは、Program Files\VoIP Phone Adapter Driverの中に
  あります。右がそれになります。
  この中のTone.wavファイルを削除あるいは名前を変更してください。

Q.この製品にFAX機能が付いた電話機を接続しました。このFAXで、今までパソコンにインストールした
  FAX送信ソフトでFAXを送信していたのですが、それができなくなりました。
A.本製品に接続される電話機は、そのままでは、Skypeモードになっています。「#」を押すことで、通常の電話機モードになります。
  パソコンのFAX送信ソフトのダイヤル情報の頭に「#」を付けて、FAX送信前にモード切り替えを行うようにしてください。

Copyright(C) ハードディスクケース PC周辺機器の開発販売 novac co,.ltd. All rights reserved.