TOP > サポート > ドライバ・CCE-Basic

CINEMA CRAFT ENCODER Basic [NS-CC267]
最新版へのバージョンアップ
リンク バージョン サイズ 登録日
専用ダウンロードページ 2.70.01.16

2.02MB

2007/07/09
CINEMA CRAFT ENCODER Basicのバージョンアップ版のダウンロードは、開発元が用意している上記の「専用ダウンロードページ」から可能です。
「専用ダウンロードページ」にアクセスするには、CCE-Basicのシリアル番号およびライセンスキーをご用意ください。
「専用ダウンロードページ」をクリックして、ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、次の情報を入力してください。
    ユーザー名: CCE-Basicのシリアル番号
    パスワード: ライセンスキーの下8桁

【Version 2.70.01.16 変更点】
不具合修正
- サイズが 0 バイトのフレームを含む AVI ファイルを正常に読めなかった。
【Version 2.70.01.15 変更点】
不具合修正
- QuickTime ファイルを VideoCD モードでエンコードすると上下が反転することがあった。
- QuickTime ファイルの途中でコーデックが変わると正常に読み込めなかった。
【Version 2.70.01.14 変更点】
不具合修正
- 「固定フレームレートとして読み込む」の設定が無効になってしまう QuickTime
ファイルがあった。
【Version 2.70.01.13 変更点】
不具合修正
- マルチパスエンコーディング時にフレームレート変換をすると,指定したフレーム数分
エンコードできないことがあった
【Version 2.70.01.12 変更点】
不具合修正
- エンコード範囲指定画面がフレームレート変換に対応していなかった。
【Version 2.70.01.11 変更点】
不具合修正
- セットアップ時に Adobe Premiere Pro 2.0 のプラグインフォルダを見つけ
られなかった
【Version 2.70.01.10 変更点】

不具合修正
- QuickTime をエンコードすると黒塗りの上下の設定が逆になってしまうことが
ある不具合を修正した。
【Version 2.70.01.09 変更点】

不具合修正 (plug-in 版)
- QuickTime 7 を使うと in 点を設定してもオーディオが最初から
始まってしまう問題に対応した。
【Version 2.70.01.08 変更点】

不具合修正 (plug-in 版)
- 2.70.01.06 以降で IN 点を 0 フレーム以外に設定した場合に
フリーズする不具合を修正。
【Version 2.70.01.07 変更点】
不具合修正
- 細かい不具合修正
【Version 2.70.01.06 変更点】
不具合修正
- QuickTime ファイルのフレームレートが正しく表示されなかった。
- 逆 3:2 pulldown すると,最後の数フレームがエンコードされなかった。
【Version 2.70.01.04 変更点】
不具合修正
- 2.70 以降,01.02 以前のバージョンは一部の Athlon プロセッサ上で 動作しなかった。
【Version 2.70.01.02 変更点】
*変更点
- エンコードエンジンを変更し、2.70へバージョンアップいたしました。

*機能追加
- CDVC-PAL の 16:9 のAVIファイルの読めるようにしました。
- エンコード範囲指定画面でフレーム番号を表示するようにしました。
- エンコード範囲画面でQuickTimeのファイルの動画を再生に対応しました。

*その他
- 利用者ガイドの更新

【バージョン2.69でのバージョンアップ内容】はこちら

【以前の更新履歴はこちら】

[ サポートTop ]
Copyright(C) ハードディスクケース PC周辺機器の開発販売 novac co,.ltd. All rights reserved.