• トップページ
  • ショッピング
  • 製品情報
  • サポート
  • 法人営業窓口
  • 会社情報
top > 会社情報 > 沿革

沿革


  ≫会社情報  ≫アクセスMAP  ≫取扱店舗  ≫ニュースリリース  ≫商品写真ダウンロード
2006-
 2009
随時、新製品を投入中(先頭ページTopics、またはニュースリリースをご参照ください)
2005.12Xbox360を始めとする次世代ゲーム機で実現するハイデフ(HD)映像やハイビジョンカメラの1080に対応したプロスペックモデル
サイノス20インチワイド液晶TVに上位モデル 「Cynos TYPE-R」発売
2005.12話題の無料通話ソフトSkype対応端末「NEXPHONE(ネクスフォン)」シリーズ拡大
一挙7モデルを発売
2005.114台のHDDを自在に活用
信頼性、安定性の高さと、低価格を両立/豊富なコンバインモードを装備
外付けハードディスクケース「HDD 4台はい~るKIT USB」発売
2005.10-WPC EXPO 2005 出展-
「次世代の映像・音響」=CYNOS(サイノス)&tsunami(ツナミ)
2005. 8アルミボディで放熱性に優れた軽量ボディ、リーズナブルな価格
USB2.0接続タイプ「3.5"HDDはい~るKIT USB ライト」発売
2005. 8どこへでも持ち歩きたくなる軽量・コンパクトなスタイリッシュボディ
デジタルオーディオプレーヤー「mp3 walker(エムピースリーウォーカー)」発売
2005. 7高輝度・高彩度パネル採用のワイド液晶テレビ「ピュアエレガント」シリーズ
17インチ、20インチの2モデルをCynos(サイノス)ブランドで同時発売
2005. 6内蔵型HDDをUSB経由で直接PCに外付けできる接続キット 新発売
3.5インチSATA・SATAⅡ HDD対応「SATA HDD つなが~るKIT USB」
2.5インチ/3.5インチIDE HDD対応「IDE HDD つなが~るKIT USB」
2005. 6無料インターネット電話「livedoorスカイプ」関連製品を3機種同時発売
発売を記念した販促キャンペーンを実施
Skype用家庭用電話アダプター「NEXPHONE Homephone Adapter」
Skype用USBハンズフリーフォン「NEXPHONE USB Hands Free」
Skype社公認USBハンドセット「サイバーフォンK」
2005. 5ライブドアとノバック、ビジネスショウTOKYO 2005に「livedoor スカイプ」体験コーナーを共同出展
2005. 5最新・最速インターフェースSATAⅡにいち早く対応
外付けHDDケース「3.5"HDDはい~るKIT Combo SATA」発売
2005. 3情報漏えい対策に最適な外付けポータブルドライブを4製品同時発売
「スーパーマルチドライブ(NV-ST5000XU)」
「DVD-ROMドライブ(NV-ST5000DU)」
「コンボドライブ(NV-ST5000CU)」
「CD-RWドライブ(NV-ST5000RU)」
2005. 1人気のチタン製HDDケースに最新インターフェースIEEE1394b対応モデル登場
「HDDもっとはい~るKIT Dual/800」発売
2004.12地上波アナログTVチューナー/ビデオキャプチャーカード2製品を同時発売
Windows XP Media Center Edition 2005対応「Home-TV」
ダブルTVチューナー搭載「Dual-TV」
2004.122層記録対応のポータブルDVDスーパーマルチドライブ
「DVD SuperMulti Station DL」発売
2004. 9余ったハードディスクで簡単、手軽にネットワークハードディスクを実現
ネットワークハードディスクケース「はい~るKIT NAS」発売
2004. 82台のドライブを自由に組み合わせて1つのケースに収納
メモリカードリーダ/ライタ、1ポートUSBハブなど多彩な機能も搭載
外付けデュアルドライブケース「2台はい~るKIT USB」発売
2004. 4業界初、3G携帯の標準動画ファイル形式での出力に対応
Philips製最新デコーダチップ「SAA7135」&シリコンチューナーをいち早く採用
PCを高性能DVDレコーダーとして使用できる「NV-7135CB マルチDVDレコーダーキット」発売
2004. 3新コンセプト“手のひらに乗るマルチメディア”「PortaMedia」シリーズ2製品登場
テレビチューナー/ビデオ入力アダプタ「PortaMedia MoniTV」
テレビチューナー付きビデオキャプチャユニット「PortaMedia Recorder」
2003.12“テレビパソコン”を手軽に実現
テレビチューナー/ビデオ入力アダプタ「EntaVision LX」発売
2003. 8ACアダプタなしで約7.6時間のDVD-Video連続再生が可能
バッテリー駆動による抜群のモバイル性/CDブートにも対応
リチウム充電池内蔵「Powered Station Combo」発売
2003. 7話題の最新インターフェース・シリアルATAにいち早く対応
外付けHDDケース「3.5"HDDはい~るKIT Super」発売
2003. 6手の平サイズのコンパクトボディで内蔵型キャプチャカード並みの機能を実現
USB2.0接続対応TVチューナ/ビデオキャプチャボックス「micro CATCH TV」発売
2003. 5好評の「マルチドライブつなが~るKIT」にUSB2.0対応モデル登場
USB2.0ならではの高速データ転送
2003. 4パソコンをハードディスク・ビデオレコーダーとして活用
TVキャプチャボード「PrimeTV 7133 Pro」発売
2003. 3カスタム・テクノロジー社とノバックがソフトウェア販売で提携
リーズナブルな価格でプロユースの高品質画像変換を提供
高性能ソフトウェアMPEGエンコーダ「CINEMA CRAFT ENCODER Basic」発売
2003. 2内蔵型ベアドライブをそのままPCに接続、
外付け記憶媒体として増設できる画期的なアダプタ型
「マルチドライブつなが~るKIT」発売
2003. 2バックアップソフトを付属した外付けHDDケース各種発売開始
「HDDもっとはい~るKIT 1394」/「HDDもっとはい~るKIT USB」発売
「3.5"HDDはい~るKIT Dual(デュアル)」発売
2002.10メディアカードリーダー/ライターに進出
「MediaMighty」発売
2002.10アップスキャンコンバータ(ビデオ-PCコンバータ)に進出
「CreaVision UPs」発売
2002. 4USB 2.0製品に進出
USB 2.0接続スリムDVD-ROMドライブ「DVD/CD Station for USB」発売
2002. 3ビデオチャット初心者をターゲットとした低価格PCカメラ
「i-mage(アイマージュ)」発売
2001.11 DVDオーサリングソフトに進出
オールインワンDVD作成ソフト「DVD Craft」発売
2001.11 IEEE1394/USB 1.1兼用3.5/2.5インチ兼用ポータブル・ハードディスクケース「HDDもっとはい~るKIT」発売
2001. 9 CD-R/RWドライブに本格進出
IEEE1394/USB1.1兼用ポータブルCD-R/RWドライブ「CD-R/RW X-Station」発売
2001. 4 DVD-RAMドライブに進出
内蔵型DVD-RAMドライブ「Magical Actor DVD-RAM」発売
2000.12 IEEE1394製品に進出
IEEE1394接続5.25/3.5インチ兼用外付け型ドライブケース「exDrv」発売
2000.12 ダウンスキャンコンバータ(VGA-TVコンバータ)に本格進出
業界初のUXGA(1600×1200ドット)対応VGA-TVコンバータ「CreaVision 1600」を発売
2000.12 PCIビデオキャプチャカードに本格進出
音声多重放送対応TVチューナー付きビデオキャプチャカード「PrimeTV」を発売
2000.12 NECと同社製ソフトウェアDVDデコーダの販売契約を締結
DVD再生とMP3エンコード/再生機能を統合した「DVD/MP3 Jet-Audio」として発売開始
2000.11 シリコンオーディオ(MP3)プレイヤーに進出
MMC対応・USB接続のポータブルMP3プレイヤー「iAUDIO」を発売
2000. 9 日本アイ・ビー・エム AptivaシリーズのWindows Me搭載モデルに「MP3 Jet-Audio 2000 (MP3エンコード機能を含む)」のバンドル開始
2000. 7 サウンドカードReMiX 2000の専用オプションとして、前面コネクタパネル「OptoBay」を完成し、「ReMiX 2000 with OptoBay」としてサウンドカード本体とのバンドル製品を発売開始。前面パネルブームの火付け役となる
2000. 4 店頭プロモーション強化のために店舗別営業(ラウンディング)システムを導入。同年夏までに東京・大阪・福岡の営業3極体制を完成
1999.12 サウンドカードに本格進出
日本市場に特化して当社主導で製品企画した、光出力付きPCIサウンドカード「ReMiX 2000」を発売
1999.10 「MP3 Jet-Audio」を再生機能に特化した「Jet-Audio Player」が、富士通のコンシューマ向けFMVシリーズパソコン全製品のバンドルソフトに採用される。2000年2月からはNECのコンシューマ向けPC98-NXシリーズにも採用
1999. 7 当社初の独自開発商品を発売
世界初の外部電源不要・サウンドカード専用デジタル音声信号変換器(同軸→光)「D-D Connection」を発売
1999. 7 DVD受託制作業務開始
1999. 5 USB (v1.1) 製品に進出
業界初のUSB接続TVチューナーを発売
USB対応マルチメディアデバイス「USB CATCHシリーズ」4製品を一挙発売、とくに「CATCH TV」はUSB接続でTVが見られる業界初の製品として人気を集める
1999. 4 MP3統合型パッケージソフトウェアに本格進出
MP3高速エンコード&再生ソフト「MP3 Jet-Audio」発売、競合5社がひしめく中シェアNo.1を獲得
1998. 7 台湾最大手のメモリモジュール専業メーカー・VTEC TEST社と業務・資本提携
1998. 4 外付け型ハードディスクドライブ「Hard Disk Station」を発売し、Stationシリーズの系列化に着手(現在のもっとはい~るシリーズ)。以後CD-ROMドライブ、DVD-ROMドライブなどにも展開
1998. 1 マルチメディア・オーサリングソフトウェアに進出
業界初のビデオCD制作ソフト「DigiPro」を発売
1997. 5 ソフトウェアDVDデコーダに進出
DVD-ROMドライブパッケージに本格進出
DVD-ROMドライブにソフトウェアDVDデコーダ(プレイヤー)をバンドルした「Magical Actor」発売。以後、Magical ActorシリーズはDVD-ROMの高速化、添付ソフトウェアの性能向上に合わせて発展を重ねる
1997. 1 DVD-ROMドライブに進出
業界初のPC用DVD再生オールインワンパッケージ「DVD DREAM KIT」発売
1996. 3 eコマース事業に進出
ダイレクトオーダーシステムの運用開始
1996. 2 外付け型CD-ROMドライブに進出
ノート用CD-ROM「CD Station」発売開始。当社の主力商品群となっている「Stationシリーズ」のルーツ
1996. 1 ビデオCD再生ソフト「CCDVP95」発売
Windows95にいち早く対応し、後継品を含めて20万本の大ヒットを記録
1995. 5 CDプレスサービス開始
1995. 4 デジタルスタジオ(CD-ROM受託制作)事業の本格展開
ビデオCD受託制作業務を開始
1995. 3 Digital Video Systems社のビデオCD制作システム販売開始
1994.12 ビデオCD(MPEG-1)再生ボード「CD CINEMA KIT」販売開始、 同時にビデオCDタイトル発売
1994.11 パソコンソフトウェアに進出
CD-ROMタイトルの制作開始
1994.6 本社事務所を東京都文京区本郷(現在地)に移転
1994. 1 自社にてユーザーサポート開始(サポートデスク開設)
1993.11 ミツミ製2倍速CD-ROM販売開始(個装箱入り)
当時最廉価のCD-ROMドライブとして記録的な大ヒット商品となり、国内でのCD-ROMの普及に貢献
1993. 9 キヤノン販売(株)向けマルチメディアキット供給開始
(ミツミ製CD-ROMドライブ+クリエイティブ製サウンドカード)
1993. 4 当社初の自社ブランド商品を発売
ポケット型ハードディスク「DiskLite」発売
1992. 9 CD-ROMドライブに進出(パソコン周辺機器事業への本格進出)
ミツミ電機(株)の販売店となりCD-ROMドライブの販売開始
パソコン周辺機器ベンダーとしての当社の基礎を築く
1991.10 (株)リコーの代理店となり光磁気ディスクドライブの販売開始
1991. 1 米OPTi社の代理店となりチップセットの販売開始
1990. 5 アルプス電気(株)のFDDとHDDを販売開始
1987.12 韓国・台湾からの輸入電子部品の販売開始
1987. 9 資本金を3,000万円に増資
1982. 4
創業/資本金1,000万円
東京都渋谷区本町(初台)にて会社設立
電子部品の販売を開始